>> 借換え・おまとめにお奨めのカードローンはこちら!

ローンの借り換えを考えている人は、いま高い金利で借りているか、複数の消費者金融などから借金をしてしまった人だと思います。

複数のカードローンを使っている人ならお分かりの通り、融資額(融資枠)が小さいときはは金利が高めの設定になります。例えば、金利 6%~18%、最高限度額500万円と書いてある場合、金利 6%で借りるには500万以上の限度額をもらわないといけません(実際の金利や基準は各社異なります)。

だから、複数のカードローンから少しずつ借りるより、1社からまとめて借りた方が金利を低くすることができます。また1社だけから借りているときでも、カードローン会社によって以外と金利の違いがあるので、借換えできるのであればそういう金利の低いに借り換えた方がお得です。

カードローンは毎月一定金額を返済するリボ払いが主流なので、借換えしても毎月の利息金額は違うかもしれません。しかし、その毎月の返済金額の元本と利息の割合が違ってきます。金利が低い方が利息が少なく、元本充当される金額が多くなります。元本充当される金額が大きいということはそれだけローンが早く完済できるということです。

お金を借りる急いでる時が多いので、こんな細かいことまで調べる人は少ないと思います。いま、冷静になって借換ローンやおまとめローンを考え少しでも返済負担を少なくしようとするのは賢明だと思います。

「借換ローン」や「おまとめローン」のいいところ
  • 借金を1社にまとめて融資枠を大きくできる → 金利を低くできる
  • 借金返済の期間を長くできる → 毎月の返済額を減らせる
ただ、消費者金融や銀行ローンなど、どこでも借り換えやおまとめローンを受け付けているかというとそうでもないようです。特にネットから申し込める借換ローンやおまとめローンは限られます。だから、そういうところをきちんと選んで申し込まないといけません。通常のローンより審査が厳しいと言われる借り換えやおまとめローンですから、適当に申し込んで断られての繰り返しをしてしまうと、いわゆる申込みブラックといって審査が通りづらくなることもあるので注意が必要です。

そこで、借換ローンやおまとめローンを受け付けている中で、ネット申込ができて、比較的限度額が大きく、金利も低めの金融機関をご紹介します。

WEB完結で職場への連絡なし! カードの郵送なし!

貸金業法に基づくおまとめローンで完済しよう!
SGファイナンスは、貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」が利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは本気で完済を目指すことのできるおまとめローンです。何社からも高い金利で借りている人は、おまとめローンで一本化して金利を下げて毎月の返済負担を減らしましょう。金利は 9.85%〜18.0%、最大融資額は 300万円。また、中小の業者ですが、審査最短30分、即日融資も可能など大手に引けを取らない迅速さです。更に、フリーローンだけでなく、事業者向けローンや不動産担保ローンの相談もできるので幅広くお金の相談ができます。申込みはスマホやパソコンから。来店不要なので全国対応可能です!
フリーローンからビジネスローンまで多様!
「ご融資どっとこむ」には、フリーローンの他、借換ローン、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者向けローン、住宅ローン、レディースローンと、多彩なローン商品があります。どのプランがいいのか、こんな理由で借りられる?といった相談レベルからでもまずは相談できます。特に、おまとめローン、借りかえローン、事業者ローンは、大手消費者金融と比べても得意としているようです。金利は、15.0%〜20.0%ですが、おまとめ・借り換えローンなら、7.3%〜15.0%と低い金利になります。最大融資額も500万円。これなら他社から借り換えのメリットも十分ありますね。申込みはパソコン・スマホからなので全国対応です。振り込み融資にも対応しています。
本気で完済を目指すなら貸金業法に基づくおまとめローン
サンクスダイレクトは金融庁登録の正式な貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融で借りている借金を借りかえて1社で返済する方式で、その間追加の融資は受けられません。他社への返済も代理で行われるのでうっかり使ってしまう心配もありません。だから、本気で完済を目指すには最適なおまとめローンです。自分は目の前にお金があると使ってしまうという心の弱い人には最適です。金利は 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)最大融資額 300万円、申込みはスマホからOK、来店不要なのでどこにいても融資を受けられます。

キャッシングエニー

貸金業法に基づくおまとめローンで完済を!
キャッシングエニーのおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」。他の消費者金融で何社からも借りている人は、一本化して金利も下げてもらいましょう。また、フリーローンとは違い、おまとめローンの金利は 5.0%〜15.0%の安心金利。最大融資額も500万円と頼れる内容です。また、おまとめローンの場合、年収の1/3以上でもOKです。もちろん担保・保証人は不要。申込みはパソコン、スマホから。全国対応です!

プロミス

最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!
おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

SMBCモビット

金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットに「おまとめローン」という商品はありませんが、消費者金融の中では比較的金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても使えます。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(*1)ので誰にも知られたくない人には好都合です。即日振込(*2)も可能!10秒簡易審査は、少ない入力項目で事前審査の結果が10秒で表示されます!

*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日振込融資は、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

借金の返済計画の立て方


ローンの借り換えによる借金返済の計画の立て方は大きく2つあります。
  • 毎月の返済額を減らす
  • 総支払額をできるだけ少なくする
毎月の借金返済の金額を減らす方法は、返済期間は長くなりますが、毎月の返済の負担を減らすことができます。この場合、金利が低くなっても返済期間が延びればその分総返済額は増えることもあるので要注意です。少しずつでも毎月の支払が滞ることがなく借金を返済することができます。

次に、総支払額をできるだけ少なくするには、なるばく早く完済する必要があります。その為には月の返済額を増やすという方法と、金利の低い金融機関で借り換える方法とがあります。さらにその組み合わせです(金利の低いローンに借り換え、さらに毎月の返済額も増やす)。

いずれにしても自分の収入、将来の収入をよく考えて、途中で破綻することのない方法で借金返済することが必要です。

借り換えのデメリット

借り換えによる借金返済のメリットは理解できたと思いますが、今後は逆にデメリットもあることを知っておいてください。

デメリットとは、借り換えたら総返済額が増えてしまうことがあるということです。

借り換えのローンを組むときに契約手数料も必要になります。契約手数料は金融機関によって定額だったり借入額の○%といろいろです。この手数料は結構バカにならないので、手数料も足し算したら総返済額が増えてしまったということがあります。これは本末転倒です。しかし、借り換えることばかりに目が行ってしまい、手数料のことを忘れてしまう人も多いようです。お金の計算は冷静にやりましょう。

また、毎月の借金返済額を減らすために返済期間を延ばした結果、金利は下がっても総返済額が増えてしまうこともあります。しかし、これは返済計画を優先するならこれは戦略として有りです。なぜなら借金は毎月毎月遅れることなく返済していくことが重要だからです。一旦滞納しはじめると最後、自己破産にまっしぐらです。自己破産はそれだけで終わらず人生を狂わせますからできるだけ避けたいです。あくまで最終手段です。なので、総支払額は多くなっても、毎月確実に返済できる金額に落とせるのであればそれはそれで得策です。

ページの先頭へ